トラベル英会話・英語と使えるオンライン英会話を比較しよう

旅行英会話習得のためには、オンライン英会話が最も有効な手段であると言える。

オンライン英会話のメリットについては、以前の記事で述べたので、今回は控えておこう。

それでは、数百校もあるとされるオンライン英会話スクールでどの学校を選べばよいのかなと迷うことしきり。

すべてのオンライン英会話スクールで、旅行・トラベル英会話が勉強できるとは限らないからだ。

そこで、今回、オンライン英会話スクールの中で、トラベル英会話があるのを探してみた。

◯ DMM英会話

講師数が、5000人以上を超えるオンライン英会話会の最大手。
・旅行英会話の項目
フライト、空港、交通機関、ホテル、緊急事態、観光、帰国など。

◯ レアジョブ英会話

講師数は、4500人以上とDMM英会話に続く大手のスクール
・旅行英会話の項目
出発・到着、観光、お別れなど。

◯ エルト

職業別、ビジネス英会話を得意とするオンライン英会話スクール。
・旅行英会話の項目
(旅行英会話1初級編)
空港、飛行機内、ホテル、元気交通機関
(旅行英会話2中級編)
現地ツアーの参加、おみやげの買い入れ、トラブルに遭遇など

◯ hanaso

オンライン英会話スクールでは、中堅の位置にあるhanaso。
・旅行英会話の項目
ホテル、移動、ショッピング、観光など。

◯ QQイングリッシュ

即効性のある英会話上達法「カランメソッド」が受講できるオンライン英会話。
・旅行英会話の項目
空港、ホテル、レストランなど

以上、5つのオンライン英会話スクルーでは、旅行・トラベル英会話が勉強できる。

この中でおすすめは、やはりオンライン英会話の最大手の2つであるDMM英会話とレアジョブだ。

1回、25分のレッスンを毎日、マンツーマンで受講しても料金が月額10,000円以下で格段に安い。

講師も4000人から5000人以上も擁しているので、人材的にも揃っている。

この2つのスクールであれば、どちらを選んでも間違いがない。

飛行機・フライトのチェックインで使う英会話・英語

海外旅行に出かける時に、最初に英語を使う場面になるのが、航空会社のチェックインだ。

羽田や成田などの飛行場では、ほとんど日本語で通じると思うが、一旦、海外の飛行場でチェックインするとなると当然英会話が必要となる。

トラブルさえなければ、ほとんどワンパターンの会話となるのでそう難しくはないと思う。

航空会社のカウンターでチェックインする時の英会話

乗客
I’d like to check in for my flight.
(チェックインしたい)

航空会社係員
May I see your ticket and identification, please?
(チケットと身分証明書を見せてください。)

Your passport and ticket, please.
(チケットとパスポートをどうぞ)

乗客
Sure, here you are.
(はい、どうぞ)

航空会社係員
Do you have any luggage to check in?
(チェックインする荷物はありますか?)

乗客
2 of them, please.
(2つあります。)

I have one suitcase, and this is my carry-on bag.
(スーツケース1つとこれが機内持ち込みバッグです。)

航空会社係員
Do you have anything liquid or flammable in your bag?
(なにか液体のものや燃えるものをバッグの中に持っていますか?)

Is there anything fragile or valuable in your luggage?
(壊れやすいものや貴重品が荷物に入っていますか?)

航空会社係員
Do you want a window seat, or an aisle seat?
(窓側と通路側の座席のどちらが良いですか?)

乗客
A window seat,please.
(窓側の席です。)

飛行機・フライトを予約するための英語

海外旅行の第1歩は、スケジュールを決めることだ。

海外旅行の目的を考え、それを実現するための渡航先、旅行が可能となる期間を決めていくことにる。

いちばん大事なのが、旅行の目的。

観光なのか、スポーツ観戦なのか、友達に会いに行くのかなど人それぞれだろう。

この目的に合わせて、旅行する国、期間なども絞り込まれてくる。

行き先、出発日と帰国日が固まったら次のステップは、飛行機、フライトの予約となる。

日本の自宅で海外旅行のフライト予約は、ほとんど日本語でできる。

エクスペディアなどは日本語だし、JALやANAはもちろん、エールフランスなどの海外の主要フラッグキャリアであれば日本語サイトもあるのでなんの問題もない。

飛行機のフライトの予約で英会話や英語が必要となるのは、外国で急遽、飛行機の予約をしなければならない時だ。

パソコンがなければ、空港や市内の飛行機会社の支店で予約をすることになる。

その際には、もちろん英語、英会話が必要となる。

目的は、飛行機の席を予約することだから、そう難しく考えなくても、自信がなければ、紙に出発日時、目的地を示せば案外通じるのではないか。

例えば、

I’d like to make a reservation for New York.と会話で言うのだが、reservation 2016,25Tuesday morning, from London to New Yorkぐらい書けば通じるはず。

ついでに、How much ?と書いておけば料金も教えてくれる。

この調子で行くと、航空会社や旅行会社の方で料金も紙に書いてくれると思う。

旅行英会話とは何か?

旅行英会話とは何か?などと大上段に振りかぶったような記事タイトルだね。

良好英会話とは、海外旅行に出かけた人が、旅先の外国で話すような英語だ。
もっと厳密に言えば、出かける前の準備として飛行機やホテルを予約する時に使う英語も含むと思う。

ツアーで添乗員付きの旅行の場合は、英会話を使わなければならないシーンは、かなり限定されるが、それでも多少は知っておいたほうが良いと思う。

海外旅行で英会話を使う各シーン

次に話す英会話を使う海外旅行での各場面は、基本的には個人旅行の場合だ。

ただ、予約のときの英語は、英会話ではなく英語のメール文章となるし、比較的時間的余裕がある中で書く英文になる。

旅行で使う英会話は、外国の飛行機のチェックインカウンター、飛行機内で使うし、空港の乗り換えなど航空関係は英会話ができなければトラブルの際には窮地に陥る可能性がある。

出入国管理などの係員と話すのが最初に使う場面だろう。

その後は、空港から市街地や予約しているホテルまでのタクシー、鉄道、バスなどの交通機関、ホテルでのチェックインなどと続く。

ホテルに落ち着いたら、街に出て散歩などをしよう。

お腹が空いてきたら、レストランだね。

このレストランは、英会話を使わなければならない場面となる。
美味しい食事ができるかどうかの瀬戸際だからね。

あと、食事が済んだら買い物、ショッピングだね。
買いたいものを見つけたら、その商品の特徴やメリットなどを聞くのも大事だが、値段の値切り交渉がもっと大事と思う。

これらのシチュエーションで使う英会話とは、実はかなりパターン化しているので前もって勉強して覚えるようにすれば大丈夫。

トラブル対応の英会話が大事

一番大事なことは、トラブル対応だ。

トラブルがあった時は、トラブルの相手が何を言っているのか理解することが大切だし、パターンなんてありえない。
前もって覚えていたことを話すようなことではないのです。

相手が何を言っているのかわかるようになるには、リスニング力が大切だ。
オンライン英会話でリスニング力を養おう。

オンライン英会話は、200スクール以上もある。
この中から自分に最適なスクールを選び出すのには、それぞれのスクールを比較することが大事だ。

次の比較サイトは、比較項目も多くとても参考になると思う。

オンライン英会話 比較サイトはこちら

旅行英語・英会話とオンライン英会話について

私は、海外旅行が好きだ。

数年に1回は、ヨーロッパ方面、特にイギリス・ロンドンに出かけている。
個人旅行で。

ツアー旅行もいいのだが、個人旅行にはツアーにないメリットがある。

まず、飛行機や鉄道などの交通機関、ホテル、B&Bなどの宿泊施設が自分の自由になり、好みでま選べる
目的地についても、観光スポットや美術館、博物館などどれを見ようかと迷うくらいだ。

美術館、博物館などに入っても、気に入れば好きな時間だけゆっくり見て回れるし、一日で足らなければ翌日にも行けるし。

夜になっても、個人旅行のメリットが続く。
食事の場所が自分の好みで行けるのだ。

今日は、チョット疲れたからガッツリ肉でとか、胃が持たれがちだから軽いものをとか、さんざん洋食を食べたから今日は久しぶりに和食をとか、体調や好みに合わせて食事ができるのは何物にも代えがたい。

個人旅行の自由や好き勝手放題もいいのだが、当然メリットがあればデメリットもある。

全部自分で手配、予約しなければならないのだ。

飛行機、鉄道、バスなどの交通機関、ホテルやB&Bなどの宿泊施設、行き当たりばったりでもいいのだが、予約しておいたほうが安心だ。

博物館、美術館は予約しなくてもいいのだが、自分で探してたどり着く必要がある。

もちろん、食事の場所もい分で探さなければならない。

自由の裏返しは、全部自分の責任となる。

この時、重要な支えとなってくれるのが語学力だ。

フランスに行けばフランス語、トルコに行けばトルコ語、ギリシャに行けばギリシャ語が話せればいいが、日本人が数か国語話せるようになるのは容易なことではい。

それで、最大公約数として英語、英会話の出番となる。

英語ならば、交通機関、宿泊施設、ホテルなどではスタッフが理解してくれることが多い。

逆に、英語、英会話ができなければ、個人旅行は相当苦しいことになる。

旅が順調に、飛行機の遅れもなく、ホテルの予約間違いがなければ、それほど英語も必要ではないかもしれない。

しかし、一旦トラブルが発生すると、とたんに英語、英会話の重要性が増してくる。
相手の話している英語がわからず、トラブルに対応できなければ、最悪、旅行の続行も難しくなったり、困った羽目に陥ることになる。
こういうことから、個人旅行者は旅行英語・英会話の必要がほんとうに大事だ。

個人旅行のみならず、ツアーの旅行者でも、英語が多少わかるとレストランで隣の人と話したり、飛行機の中で外国人と話したりできるので、旅行が断然楽しく、充実したものとなる。

それでは、旅行に必要な英会話を習得するにはどうしたらよいのか?

一昔前ならば、駅前留学などの通学型英会話教室に通ったり、自分で英会話のCDやNHKの英語講座のテキストを買ったりして独学したものだ。

しかし、英会話教室にしろ殆どの人が続かず挫折してきたのが現実だ。

私は、このような人にこそオンライン英会話で旅行英語・英会話を勉強してほしいと思う。

このサイトでは、ひとりでも多くの方が海外旅行を楽しく、充実した物になるように旅行英会話・英語を学習するためのオンライン英会話の最新情報を提供していくことにする。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén