旅行英会話とは何か?などと大上段に振りかぶったような記事タイトルだね。

良好英会話とは、海外旅行に出かけた人が、旅先の外国で話すような英語だ。
もっと厳密に言えば、出かける前の準備として飛行機やホテルを予約する時に使う英語も含むと思う。

ツアーで添乗員付きの旅行の場合は、英会話を使わなければならないシーンは、かなり限定されるが、それでも多少は知っておいたほうが良いと思う。

海外旅行で英会話を使う各シーン

次に話す英会話を使う海外旅行での各場面は、基本的には個人旅行の場合だ。

ただ、予約のときの英語は、英会話ではなく英語のメール文章となるし、比較的時間的余裕がある中で書く英文になる。

旅行で使う英会話は、外国の飛行機のチェックインカウンター、飛行機内で使うし、空港の乗り換えなど航空関係は英会話ができなければトラブルの際には窮地に陥る可能性がある。

出入国管理などの係員と話すのが最初に使う場面だろう。

その後は、空港から市街地や予約しているホテルまでのタクシー、鉄道、バスなどの交通機関、ホテルでのチェックインなどと続く。

ホテルに落ち着いたら、街に出て散歩などをしよう。

お腹が空いてきたら、レストランだね。

このレストランは、英会話を使わなければならない場面となる。
美味しい食事ができるかどうかの瀬戸際だからね。

あと、食事が済んだら買い物、ショッピングだね。
買いたいものを見つけたら、その商品の特徴やメリットなどを聞くのも大事だが、値段の値切り交渉がもっと大事と思う。

これらのシチュエーションで使う英会話とは、実はかなりパターン化しているので前もって勉強して覚えるようにすれば大丈夫。

トラブル対応の英会話が大事

一番大事なことは、トラブル対応だ。

トラブルがあった時は、トラブルの相手が何を言っているのか理解することが大切だし、パターンなんてありえない。
前もって覚えていたことを話すようなことではないのです。

相手が何を言っているのかわかるようになるには、リスニング力が大切だ。
オンライン英会話でリスニング力を養おう。

オンライン英会話は、200スクール以上もある。
この中から自分に最適なスクールを選び出すのには、それぞれのスクールを比較することが大事だ。

次の比較サイトは、比較項目も多くとても参考になると思う。

オンライン英会話 比較サイトはこちら