英語の学習は、まず初めに「英文を理解するための文法」と「最低限のボキャブラリー」を獲得する学習が大切だ。

これは、文法問題に強くなるための英語学習とは異なるものだ。

分からない英文等がある場合でも、いくつもある無料翻訳サイトや辞書のようなサイトを使うことで日本語に訳せるため、そういった所を見ながら英文を理解することを奨めている。

暗記していればその場逃れはできるかもしれないが、それでは何時までたったも英文法というものが分かるようにならない。

むしろ徐々に理解して、全体を組み立てることができる英語力を持つことが大切なのだ。

ある人の場合は無料の英単語学習ソフトを利用して、ほぼ2、3年ほどの勉強をしただけで、アメリカの大学院入試レベルのボキャブラリー力を体得することできたそうだ。

何と言っても海外旅行に行くことが、英会話レッスンの最も良い場であり、英会話というものは紙上で読んで習得する以外にも、リアルな外国旅行の中で話すことにより、上達していくものである。

いわゆる英会話の場合、発音を聞き取る能力とスピーキングの力は、特別なケースに限定されることなく、ほとんどすべての会話内容を表現できなくてはならない。

英会話自体は、海外旅行を安全に、かつ堪能するための一種のツールのようなものだから、外国旅行によくでてくる英語の会話自体は、実はそんな多くはない。

オーバーラッピングという英語練習方式をやることにより、聞いて理解できる力がアップする根拠は2点ある。

「自分で言える発音は判別できる」ためと、「英語の処理効率がアップする」ためだ。

ただ聞いているだけの単に英語シャワーを受けるのみでは、リスニングの学力は上がらない。

リスニング能力を向上させるなら、最終的には重点的な繰り返し音読と発音練習をすることが早道だ。

本当に旅行英会話で、文法自体は勉強する意味があるのか?というやりとりはしつこくされているが、自分の経験からすると文法を押さえてさえいれば、英文を読んだ時の理解の速さが急速に上向くので、後ですごく楽することができる。

旅行英会話で、戸惑わずに話すためには、「長時間、英会話する場を一度だけ作る」場合よりも、「短時間だが、英語で話す場を数多く作る」ようにする方が、格別に成果が上がる。

いわゆる英語の金言や格言、ことわざから、旅行英会話の学習を行うという手順は、英語修得をこの先も継続するためにも、必ず役立てて欲しいことなのだ。

語そのものに、特徴ある音の連係があることを理解しているだろうか?

このようなことを意識していないと、どんなに英語のリスニングをしたとしても、旅行英会話で単語を聞き分けることができないと言わざるを得ない。