海外旅行の第1歩は、スケジュールを決めることだ。

海外旅行の目的を考え、それを実現するための渡航先、旅行が可能となる期間を決めていくことにる。

いちばん大事なのが、旅行の目的。

観光なのか、スポーツ観戦なのか、友達に会いに行くのかなど人それぞれだろう。

この目的に合わせて、旅行する国、期間なども絞り込まれてくる。

行き先、出発日と帰国日が固まったら次のステップは、飛行機、フライトの予約となる。

日本の自宅で海外旅行のフライト予約は、ほとんど日本語でできる。

エクスペディアなどは日本語だし、JALやANAはもちろん、エールフランスなどの海外の主要フラッグキャリアであれば日本語サイトもあるのでなんの問題もない。

飛行機のフライトの予約で英会話や英語が必要となるのは、外国で急遽、飛行機の予約をしなければならない時だ。

パソコンがなければ、空港や市内の飛行機会社の支店で予約をすることになる。

その際には、もちろん英語、英会話が必要となる。

目的は、飛行機の席を予約することだから、そう難しく考えなくても、自信がなければ、紙に出発日時、目的地を示せば案外通じるのではないか。

例えば、

I’d like to make a reservation for New York.と会話で言うのだが、reservation 2016,25Tuesday morning, from London to New Yorkぐらい書けば通じるはず。

ついでに、How much ?と書いておけば料金も教えてくれる。

この調子で行くと、航空会社や旅行会社の方で料金も紙に書いてくれると思う。