私は、海外旅行が好きだ。

数年に1回は、ヨーロッパ方面、特にイギリス・ロンドンに出かけている。
個人旅行で。

ツアー旅行もいいのだが、個人旅行にはツアーにないメリットがある。

まず、飛行機や鉄道などの交通機関、ホテル、B&Bなどの宿泊施設が自分の自由になり、好みでま選べる
目的地についても、観光スポットや美術館、博物館などどれを見ようかと迷うくらいだ。

美術館、博物館などに入っても、気に入れば好きな時間だけゆっくり見て回れるし、一日で足らなければ翌日にも行けるし。

夜になっても、個人旅行のメリットが続く。
食事の場所が自分の好みで行けるのだ。

今日は、チョット疲れたからガッツリ肉でとか、胃が持たれがちだから軽いものをとか、さんざん洋食を食べたから今日は久しぶりに和食をとか、体調や好みに合わせて食事ができるのは何物にも代えがたい。

個人旅行の自由や好き勝手放題もいいのだが、当然メリットがあればデメリットもある。

全部自分で手配、予約しなければならないのだ。

飛行機、鉄道、バスなどの交通機関、ホテルやB&Bなどの宿泊施設、行き当たりばったりでもいいのだが、予約しておいたほうが安心だ。

博物館、美術館は予約しなくてもいいのだが、自分で探してたどり着く必要がある。

もちろん、食事の場所もい分で探さなければならない。

自由の裏返しは、全部自分の責任となる。

この時、重要な支えとなってくれるのが語学力だ。

フランスに行けばフランス語、トルコに行けばトルコ語、ギリシャに行けばギリシャ語が話せればいいが、日本人が数か国語話せるようになるのは容易なことではい。

それで、最大公約数として英語、英会話の出番となる。

英語ならば、交通機関、宿泊施設、ホテルなどではスタッフが理解してくれることが多い。

逆に、英語、英会話ができなければ、個人旅行は相当苦しいことになる。

旅が順調に、飛行機の遅れもなく、ホテルの予約間違いがなければ、それほど英語も必要ではないかもしれない。

しかし、一旦トラブルが発生すると、とたんに英語、英会話の重要性が増してくる。
相手の話している英語がわからず、トラブルに対応できなければ、最悪、旅行の続行も難しくなったり、困った羽目に陥ることになる。
こういうことから、個人旅行者は旅行英語・英会話の必要がほんとうに大事だ。

個人旅行のみならず、ツアーの旅行者でも、英語が多少わかるとレストランで隣の人と話したり、飛行機の中で外国人と話したりできるので、旅行が断然楽しく、充実したものとなる。

それでは、旅行に必要な英会話を習得するにはどうしたらよいのか?

一昔前ならば、駅前留学などの通学型英会話教室に通ったり、自分で英会話のCDやNHKの英語講座のテキストを買ったりして独学したものだ。

しかし、英会話教室にしろ殆どの人が続かず挫折してきたのが現実だ。

私は、このような人にこそオンライン英会話で旅行英語・英会話を勉強してほしいと思う。

このサイトでは、ひとりでも多くの方が海外旅行を楽しく、充実した物になるように旅行英会話・英語を学習するためのオンライン英会話の最新情報を提供していくことにする。